女性支援Kanasa

賃貸物件オーナ様へ。シェルター提携物件募集

相談者によっては一時的な避難場所の確保や部屋を借りるなど賃料が高額になったり、借りるために保証会社などの審査が必要となると住所をしられたくないという相談者の方や仕事をDV・ストーカー被害のために辞めたという方たちは部屋を借りるのにかなりハードルが高くなります。 そこで、Kanasaでは長期空室で、住まなければ家の風化や傷みが激しくなり管理費用と固定資産税がかかって悩んでいるオーナー様からその空室を安い相場で借りることでシェルターとしての利用などでの救済を図ることも提言しています。

相談者救済のため一時的な住まいや引越し先がなく困っている相談者への住居の提供を常時募っております。
すでにKanasaで用意している不動産賃貸物件については、全ての部屋が埋まっておりさらなる相談者のための不動産賃貸物件のご提供の協力をもとめております。 また、東京だけではなく保護賃貸物件を増やしたいと思っておりますのでご理解いただけるオーナー様や、空き室に困っていてうめたいオーナー様へ、ご協力を呼び掛けております。

 

なお一時シェルターの場合契約者はKanasaになり、通常の賃貸物件での契約者は相談者様になります。通常契約をご条件としてお貸しいただける場合には賃料を支払える相談者の方をご紹介しております。

Knasaのグループ会社で内装・設備工事、不動産管理の法人がありますので賃借中はこちらで賃借物件の工事対応も可能ですのでオーナー様の対応負担は軽減出来るかと思います。賃借中の部屋での簡易的な修繕作業であれば無料で行います。

友だち追加

メールからお問合せはこちら